杉並区の整体なら「バランス・ラボ整骨院」身体の痛み・しびれを根本改善

肩の痛み杉並区阿佐ヶ谷で整体をメインに行う
バランス・ラボ整骨院、代表の新藤公一です。

多くの方からよく質問されるのが
「肩こりは治らない?」
「揉んだりしてたら、クセになるんじゃないですか?」
そういう疑問が多いんでしょう。

個人的な意見にはなりますが…
肩こりを治すと言う意味に違和感を覚えます。
何故か?
治ると言う言葉、治癒とも言いますが病気が治ったときに
使われる言葉で症状は再発する可能性が十分にあります。
理屈っぽく聞こえますが、症状が治癒したとはいいません。
肩こりの状態が良くなる、改善されたと表現するのが
自然な言葉に感じられます。
肩こりに関して「なりにくくするように質の改善」
が正しい考え方に感じます。

肩こりを感じるケースの場合
肩だけがツラくなっているのは一番つらい場所が
肩に現れているからで、首や腕、時に眼を酷使する
ような日々を過ごされていて、肩に緊張が強く
出てしまっている状態と言えるでしょう。
特に眼と首には注目していて
近年、スマホやパソコンなど画面を見続ける
シーンが増えているので、眼精疲労による
首や肩の緊張を起こしているような気がします。

では、どうしたらいいのか?
筋肉の状態、質をいい状態にすると、肩こりを感じさせる筋肉は改善されて
肩こりを感じにくくするようにできます。

肩こりを改善するとは?

肩こりでツラく悩んでいる場合
「固くなっているから」と思っている…
固くなっているのは筋肉ですが
筋肉の固さにはそれぞれ個人差があります。
これほどツラいんだから、ガチガチに固まってるに違いない
と思っていても、実際にはそれほど固まっていない。それでも肩がツラい…。
固くなっている=肩こりがツラいではないということです。

これは人それぞれの「感覚」の差なんです。
感覚は非常に曖昧で暑さ、寒さの感じかたが違います。
暑がり、寒がりもそれぞれの感覚ですよね。
痛みや辛さ、肩こりの固さや辛さも感覚の差なので
肩がこってるから、必ず肩周辺の筋肉だけが
が固くなっているとは限らないんです。

とはいえ
肩こりのつらさを再現しているのは筋肉そのもの
なので、筋肉の柔軟性が失われた状態で肩こりを
強く感じることが多いように感じられます。
筋肉は固い方が良い筋肉と思ってる方も少なくないと思いますが                                            良い筋肉と言うのは力を入れた時にしっかりと固くなり
力を抜いた時にはしっとりと柔らかい状態になる。
これがすごく良い筋肉です。
この力を入れると固くなるのは、筋肉の機能で
どんなことをしても、筋肉を緩めたいと思っても
自ら緩むことはできない。
ストレッチしましょう、柔軟体操をしましょうとか
よく言われるのは、筋肉や関節を伸ばすことで
緩める目的で行われるものです。
水泳で肩こりが改善したという方もいらっしゃいます。
水中の無重力状態で肩に負担なく動かせるんです。
膝や腰痛のリハビリにもアクアビクスが用いられるので
無重力状態の水中で運動するのは効果実証済みでもあります。
アクアビクスとはいいませんが、水泳を定期的に行うのも
すごく肩こりにはいいことで、腕や肩を回さないと
泳げませんから、肩にとってとてもいい運動になるんです。

肩こり

 
ただ…
自分で体操や運動で筋肉の状態をよくしていても
時に限界があり、どんなことをしても緩みにくくなるケースがあります。
これは人間の筋肉には皮膚に近い浅い部分と骨に近い深い部分の筋肉があり
ご自身で体操や運動、ストレッチや柔軟をしても
緩まないときが問題になってくるんです。
これが深部に存在している筋肉で体の姿勢を支える筋肉で専門的には「抗重力筋」
「インナーマッスル」と呼ばれる筋肉のことを言っています。
このインナーマッスルが人間の姿勢には大きく関係していて、ここの筋力が低下して
しまうことで姿勢が悪化したケースがあります。
筋肉には「浅層」と「深層」の筋肉があるということを覚えておいてほしいです。

もう1つ問題になるのが
肩こりを感じる部分がストレッチや柔軟体操を
したくても、上手に肩こりを起こす筋肉を伸ばすような動きができにくいんです。
例えば、ご自身で肩甲骨を動かしてみようと
思って動かせる方は非常に少ない。
これができない人に肩こりを感じる方が多いように思えます。
長時間、肩周辺の筋肉が良くない状態になれば
血管も神経も筋肉の中にありますから、血流が良くなく、神経の通りも滞り
徐々に筋肉が良くない状態になってしまいます。
これで筋肉の質の低下を起こしてしまうことに繋がります。

自分で肩こりを改善できる方法とは?

肩こり解消は自分でしたい!
その答えは、ズバリ運動しましょう!となります。
カラダにいいから、健康にいいから
運動した方がいいのは理解されていますね。
あふれるほど情報がある時代になり
カラダにいいこと、健康にいいことはたくさんあります。
それをすべて実践できるか?と言われると
出来ませんよね…。

日常的に忙しい方ほど
こうした肩こりや頭痛に悩まされているので
「そんな時間ないよ」
と言う結論になってしまう方も多いでしょう。

自分で出来ないなら、誰かにやってもらう。
最近、いいサービスだなって思えるのが
〇〇〇〇ストレッチ。
自分では出来ないレベルのストレッチや柔軟体操
をやってもらえるサービス。
これは素晴らしいサービスだと思います。
自分で解消できない悩みを解決してもらえるために
サービスを受ける。
自発的に運動をしようとされる場合には
運動もストレッチ・柔軟体操もしっかりとされています。
肩こりに悩まされる方は、忙しく時間のない方。

多くの方を対応させて頂いて感じるのは
肩こりと簡単に考えていて…
予期しない不調に陥ってしまうケースですね。
脅かすわけではないので安心してください。
よく考えてみると肩こりで辛くなるのは
あなたの体からの1つのサインなんです。
肩こりから首の緊張が出てきて
頭痛やめまい、時に耳鳴りが出てきてしまった。
診察を受けても…
特に異常は見られず、痛み止めと湿布。
過去には重症だと判断され、入院して暗い部屋で
一晩を過ごすことになった…
そんな方もいらっしゃいました。

光を極端に眩しく感じたり
首から肩の強い筋肉の緊張、頭痛や吐き気、倦怠感
これを脳脊髄炎の可能性があると判断されたんでしょう。
肩こりや頭痛を我慢に我慢を重ねてしまった時に
こんな重篤なケースと似た状態になってしまう場合も
あるんです。
実は肩こりからのもので我慢しすぎてしまった。
よくなれば、笑い話で済まされますが
不調に陥った時は本当に辛いし不安なものです。

出典:厚生労働省ホームページ (当該ページのURL

1つだけ言いたいことは
肩こりを軽く見ない方が良いと言うことですね。
不調な状態で過ごしても、周囲に迷惑になったり
自分自身でも嫌ですもんね。

コラム執筆・監修者

08_IMG_9694

株式会社カラダ・リバランス
バランス・ラボ整骨院
代表取締役  新藤 公一

厚生労働大臣認定 柔道整復師
公益社団法人 東京都柔道整復師会 会員
公益社団法人 日本柔道整復師会 会員

経歴:
中野区内整骨院勤務 10年
杉並区内整骨院 分院長勤務 20年
2017年11月に杉並区阿佐谷南に
バランス・ラボ整骨院
バランス・ラボ整体院を開院

 

「バランス・ラボ整骨院」杉並区南阿佐ヶ谷で医師・専門家が絶賛! PAGETOP