杉並区の整体なら「バランス・ラボ整骨院」身体の痛み・しびれを根本改善

 

整体 骨盤矯正

 

杉並区阿佐ヶ谷で整体をメインに行う
バランス・ラボ整骨院、代表の新藤公一です。

最近、骨盤矯正と言うのは流行なんでしょう
整体で骨盤矯正をメインに行っている所も
非常に多いので、いまや整体の代名詞とも
いえるのが骨盤矯正ですね。

「ダイエット効果がある」とメディアで
流れたりすることから有名になったんだろう
と思います。
整体ダイエットや骨盤矯正で姿勢を美しく
するなど、美容目的の骨盤矯正が人気に
なっているようですね。
骨盤矯正ベルトや骨盤矯正下着なども
存在するようですが。
残念ながら、ダイエットの専門家ではなく
体の改善を目的とした施術の専門家なので
ダイエットに興味のある方は、これ以上読んでも
興味が沸かないと思いますので、ここまでに
しておいて下さい。

身体でなぜ、骨盤の状態が重要視されるか?
シンプルに骨盤は人間の骨格の中で1番大きな
骨になり、3つの骨で形成されています。
左右の腸骨・背骨の一部の仙骨(仙椎)。
骨盤内部には、重要な内臓も収まっています。
特に女性では、腸や生殖器(子宮・卵巣)と
日常のコンディションに影響するような
内臓があります。腸では便秘症なんかにも
関係してますし、生殖器では生理痛や腹痛
冷え性にも関係します。
骨格ですと、脊柱(背骨)の土台となるのが
骨盤で家で言えば「基礎」になります。

骨盤を作る3つの骨
左右の腸骨と仙骨(仙椎)、これらはお腹側では
恥骨結合と呼ばれる軟骨で繋がり
背中側は仙腸関節(せんちょうかんせつ)と
呼ばれるところで繋がっています。
(解剖学的に仙腸関節は関節ではないと
主張される専門家の先生もいらっしゃると思います)
この仙腸関節に僅かな「ズレ」が生じることで
骨盤の歪みが発生すると考えられています。
基礎のゆがみが生じれば、上に立つ家も傾く
その理屈で身体の歪みが生じてくるので
骨盤矯正が必要とされています。
左右の足の長さの違い、左右の肩の高さの違い。
骨盤矯正を行うことで改善が見られるケースが
あるので矯正が必要と考える方法です。

当院で行う骨盤矯正は
カイロプラクティックの方法の1つを用いて行う
矯正方法で、出来るだけ身体に負担なく矯正を
行う方法で音が鳴るような手段は用いていません。
20年以上前は、そういう方法を用いるのが
一般的でしたが、今では理論も変化しています。
カイロプラクティックの方法での基本は
手技で行う矯正と矯正専用のベッド
(カイロプラクティックではベッドと呼ばず
 「テーブル」と呼んでいます)
を使う、2種類の方法での矯正。
少数派になるとは思いますが、ブロックと言う
専門のものを使って、うつぶせになったまま
ブロックを入れ呼吸の動きに合わせて
骨盤のクセを取っていく矯正方法もあります。

「矯正」と聞くと痛いイメージがありますが
そもそも痛みがあるような状態で痛い施術を行う
こんなことは通常しません。
人間の筋肉の力と言うのはすごいもので
緊張してしまうと骨が動くことはまずありません。
例えば、関節の脱臼を整復(元に戻す)を行う際に
1番注意するべきことは、痛みと緊張なんです。
人間の身体は不思議で面白いんですが
異常な位置にあると、正常な位置に戻そうとする時
それほど無理なく戻せるようになっています。
この脱臼を整復する時もそうですし、身体の歪みを
矯正するのも、元に戻すのはそれほど力は
いらないんです。

脱臼も矯正も「骨の位置」は元にすぐ戻ります。
問題になるのが、筋肉の位置とその記憶なんです…。
特に骨盤矯正を始めとするカイロプラクティックで
矯正を行っても、矯正を行う前の人間の身体は
矯正前の異常な状態を正常な位置だと
記憶してしまっているのです。
これが1回矯正しただけでは、元通りにならない
最大の理由で人間の身体が思い通りに回復しない
のと同じように、不具合を起こす異常な状態を
長い状態であればあるほど、その記憶はしっかりと
根付いてしまうんです。
何度も何度も繰り返し「正常な場所はここ」と記憶
させる行為をしなければなりません。
自分もそうですが、物覚えが悪いので…
何度も何度も繰り返し言われないと、覚えられない。
これも記憶ですよね。
反復学習ともいいますが、身体にも反復して施術を
行うことで「再記憶」させることが必要なんです。
脱臼は明らかなケガで、関節を包む「関節包」と
呼ばれる膜を破ってしまい、関節の一方が
関節包の外に出てしまった状態なので
この関節包と言う膜が修復、回復されるまで
関節を固定しないと再度脱臼をしてしまいます。
なので、およそ3週間の固定が必要になります。
ケガでも、回復するために使う時間がそれだけ必要に
なりますので、長い間ゆがみが生じていた身体や
骨盤のゆがみを正常に戻すのには、もっと時間が
必要になるのも、理解出来ると思います。

なぜ、骨盤矯正が必要なのか?

腰痛や肩こり、首の痛みを感じると、人間は本能的
に痛みの出ない姿勢を取ろうとします。
専門的には疼痛回避運動とも呼んでいますが
痛みが最小限になるように身体が自然と反応して
バランスを取っていくようになります。
長くそうした痛みを抱えていると、更にその痛みを
避けようと姿勢変化が起きてきます。
ゆっくりと筋肉のバランスと骨格のバランスが
崩れて行ってしまう。
自ら回復しようとする人間本来の能力
いわば自然治癒力が、この場合は良くない
反応として現れてしまいます。
人から「なんか、カラダが曲がってない?」
そう言われた経験はないでしょうか?
ご自身では、その自然に行われている変化を
自覚出来ないのが普通なのです。

正常な位置に無理なく戻すようにしていくのには
筋肉の異常緊張を取り除きつつ
骨格の異常な位置を元に戻すようにする。
どちらかと言うと導いていくと表現する方が
正しいかもしれません。
比較的、軽度のゆがみであれば
筋肉の緊張を取るだけで、正常な位置へと自然と
矯正されることも良くあります。
何もしてないのに、骨がポキッと音がなったりする
これも自然に元の位置に戻っているケースが
多いんです。
この自然ともとに戻れるゆがみのレベルであれば
問題とはならないのですが、そのレベルを越えて
しまうと自ら元通りになれないので
整体での矯正が必要になってしまうといえます。
このケースの多くは、筋肉を緩めることや
自らストレッチや柔軟体操で改善できない
ケースが多く見受けられます。

 

コラム執筆・監修者

08_IMG_9694

株式会社カラダ・リバランス
バランス・ラボ整骨院
代表取締役  新藤 公一

厚生労働大臣認定 柔道整復師
公益社団法人 東京都柔道整復師会 会員
公益社団法人 日本柔道整復師会 会員

経歴:
中野区内整骨院勤務 10年
杉並区内整骨院 分院長勤務 20年
2017年11月に杉並区阿佐谷南に
バランス・ラボ整骨院
バランス・ラボ整体院を開院

「バランス・ラボ整骨院」杉並区南阿佐ヶ谷で医師・専門家が絶賛! PAGETOP