杉並区の整体なら「バランス・ラボ整骨院」身体の痛み・しびれを根本改善

 

阿佐ヶ谷_整体_好転反応

杉並区阿佐ヶ谷で整体をメインに行っている
バランス・ラボ整骨院、代表の新藤公一です。

整体やマッサージ、身体をほぐすなどの施術は身体に刺激を
与え、生体反応を起こしたり、回復力・自然治癒力を高めたり
することで、身体の不調を改善に導くもの。
この刺激に対して、生体反応が起こるのですが…
反応レベルには個人差があるのも事実なんです。

こんな経験ありませんか?

疲労回復をしたいと、長時間または多くの回数入浴をする。
お風呂でしっかりとカラダを温める。
温泉に行くと普段はそれほど入浴する習慣がないのに
普段以上に多く入ってしまう。
「湯あたり」を起こす話を聴いたことがあると思います。
返って疲れてグッタリして帰ってきた…。
これもカラダに刺激をした結果、体力を奪ってしまった。

長時間、カラダに良いと思ってマッサージを受ける。
サウナに行ってマッサージを同時に受ける。
こうしたことをして、体力を奪いすぎてしまって
急激な血圧低下を起こし、貧血で倒れてしまった…
なんて話を耳にしたりします。

体力に個人差があるのは言うまでもないと思います。
普段から運動で体力のある方であれば、カラダに多くの
刺激を入れても、なんの問題もないのですが
あまり体力がなく、普段からあまり運動する習慣の無い
と言う方は、カラダに多くの刺激を入れると…
更に体力を奪ってしまう結果になり、一時的に体調不良に
なることになります。
急に運動を始めて、全身痛くなった…
そうしたことも、カラダに対する刺激量が多すぎた結果です。

整体やマッサージ、全身の筋肉を緩めるなどの行為は
生体反応として体力を奪うのですが、その加減をそれぞれの
体力レベルに合わせた刺激量にすることで、回復力を高める
効果が得られる。それが手技による回復行為なんです。
例えば、20~30歳代の方と70~80歳代の方。
同じような腰痛で悩んでいる場合に、同じような刺激を入れる
となると、何が起こるでしょうか?
70~80歳代の体力レベルでは、耐えられる刺激量ではないので
腰痛のみならず体調不良を起こしてしまいます。
ポイントは、ぞれぞれの体力レベルを見極め、適切な刺激量
をカラダに入れることで回復力を高める。
この「適切な刺激量」と言うのが、判断するのにとても難しい。

同じく
あなたが長年、腰痛に悩んでいて痛みが出ては無くなるを
繰り返しているとします。カラダは自然と腰痛が出ないように
筋肉を調節し、痛くない姿勢を取って過ごすようになります。
この状態を専門用語では「疼痛回避運動」と言いますが
カラダのゆがみを発生させます。
このカラダのゆがみは小さければ、自然とゆがみを元に
戻す能力がカラダに備わっているのですが
腰痛を起こしていると、ゆがみが自然と元には戻れない
状態まで、ゆがんでしまっている。
整体やマッサージで1度に、このゆがみを戻して回復反応を
カラダに起こすようにしますが、反応が大きければ大きいほど
カラダへの負担も大きくなります。
輪ゴムを大きく伸ばして、ゆっくり戻せば輪ゴムがどこかに
飛んで無くなることもないですが、一気に離せば
飛んで行ってしまいます。この「作用・反作用」が筋肉にも
起こるんです。

当院に来院された方に必ず申し上げている注意事項は
・当日の入浴は控え目に
・運動される方は当日は控え目に
・飲酒する方は当日は避けるように
・眠気が来たら、出来るだけ寝るように
・痛みが楽になっても、動きすぎないように
と必ずお伝えしています。

 

整体 安い

整体を受けた後、痛みが出てしまったらどうするか?

痛いところを冷たいタオル、保冷剤・アイスノンなどで
最大10分まで冷やすようにする、アイシングです。
10分までにする理由は、冷やしすぎるとカラダの皮膚や
筋肉を痛めてしまうことになるんです。
1~2時間以上時間を置いて、再び冷やすようにする。
刺激で反応を起こした筋肉の炎症を抑えるための
対処になります。

運動や入浴、整体やマッサージなどの施術行為では
一時的に体力を奪うということを知っていて欲しいのです。
カラダに刺激を入れ、その生体反応を利用して
回復効果を高めるものですので、カラダの状態は
一時的に不安定な状態になると知っておいて下さい。

体力に自信がある!
そう思っているあなたでも、体調不良を起こしている時は
一時的に体力のない状態になります。
要するに弱っているから、体調不良を起こしていると
理解頂ければと思います。
カラダに刺激を入れ、気分爽快で今まで通りにするの
では、回復力は得られないんです。
休養はどうしても必要になるので、体調を崩された時
だけはゆっくり過ごすようにして頂きたいと思います。

何故、体調不良になるのでしょうか?
健康だったあなたが日常、忙しく動いたことで
心身共に消耗したことで、カラダが異常な状態だと
サインを送っているのです。
そこで更に無理してしまうと、倒れる程度であれば
まだいいのですが、重篤な状態になってしまうと
2度と元の状態に回復出来ない…
そんなことになりかねないこともあります。
こんなことを過去、何度も言ってきているのですが…
中々、聞き入れていただけないケースもあります。

 

コラム執筆・監修者

08_IMG_9694

株式会社カラダ・リバランス
バランス・ラボ整骨院
代表取締役  新藤 公一

厚生労働大臣認定 柔道整復師
公益社団法人 東京都柔道整復師会 会員
公益社団法人 日本柔道整復師会 会員

経歴:
中野区内整骨院勤務 10年
杉並区内整骨院 分院長勤務 20年
2017年11月に杉並区阿佐谷南に
バランス・ラボ整骨院
バランス・ラボ整体院を開院

「バランス・ラボ整骨院」杉並区南阿佐ヶ谷で医師・専門家が絶賛! PAGETOP