杉並区の整体なら「バランス・ラボ整骨院」身体の痛み・しびれを根本改善

腰痛女性

 

 

 

 

 

 

杉並区阿佐ヶ谷で整体をメインに行う
バランス・ラボ整骨院、代表の新藤公一です。

今回は腰痛に関するチェック項目として
これまでの経験に基づく
腰痛にお悩みのあなたに
5つの注意点をお伝えしたいと思います。

① むやみに温めない
腰痛と聞くと温めた方がいいんじゃない?
痛いところを揉んだ方が
いいんじゃない?と思うでしょう。
根拠無く、温める判断は時として腰痛を悪化
させる原因になるので十分な注意が必要です。
急性腰痛=ギックリ腰と呼ばれる場合には
冷やすのが効果的。
慢性腰痛には温める方が効果的だと
されてはいますが…
自己判断で温める、冷やす行動をするのは
とても危険なので
専門家に相談するようにしてください。
  

② 座った姿勢は腰痛には安静にならない
腰の痛みには座った姿勢は良くありません。
特にソファなどの体が沈み込むような姿勢は
腰にとっても厳しい姿勢になります。
車や交通機関での座った姿勢での
長距離、長時間の移動は腰に大きな
負担になります。
実はそうした座っての移動は「姿勢良く座る」
ことをする方が疲れないことにもなります。
腰痛を抱えたまま移動の際にはお気を付け下さい。
腰の痛い人は固く沈み込まないイスを選択する方が
腰には負担にならないんです。
床に座らないといけない場合は
横になった方が腰には
安静となりますので無理に座るよりは
寝てしまった方が
腰痛の回復にはプラスとなります。
  

③ ストレッチや体操は腰痛改善とはならない
ストレッチして体を動かせば
運動すれば腰痛が良くなるんじゃない?
こんな理解をされている方も
多いんじゃないでしょうか…。
ストレッチや体操は【予防効果】のためです。
「痛み」が出ている状況では
なんらかの異常状態になっているので
痛みが発生している。異常状態でストレッチや体操
で動かしたら痛みはどうなるでしょうか?
もし腰の筋肉が傷ついている状況で
無理に筋肉を伸ばしたら…
傷を拡げることになってしまいます。
運動療法との解釈でされるだろうと思いますが
腰痛を改善し回復期になった時に行うことで
初めて運動療法の効果が得られます。
回復期かどうか?分からない状態で
ストレッチで伸ばしたりするのは危険なので
十分注意が必要となります。
ストレッチ、柔軟体操や運動は「腰痛予防」
としての効果が得られるもので痛みが出ている間
の治療効果を得ることはありません。

④ 腰痛は安静が第一
あなたの体に痛みが出ている状態は
1つのサイン・シグナルだと考えて欲しいのです。
生体反応として痛みを出すことで
「安静にして欲しい」「休んで欲しい」
と知らせている。
これは単に腰痛に限ったことではないのですが
健康状態が著しく失われていると体が教えて
くれているのです。
十分、休養が取れているか?
睡眠時間は十分か?
ストレスを抱えていないか?
多くの要素がありますが痛みが出ている状態で
今の状態を軽く考えこれまで通りにすることは
状態を悪化する要因となります。
腰痛だから大丈夫だと軽く考えることが
結果として腰痛から別の症状へ
と発展してしまうケースを多く経験しています。
30歳代~40歳代で働き盛りの男性で
腰痛を一時的に改善させては
改善を止めて
腰痛が出ては改善するを繰り返した結果。
神経痛を伴う状態へと悪化させてしまいました…。
こちらとしても
何度も注意してお知らせしたのですが
残念な結果となってしまいました。
腰椎椎間板ヘルニアの好発年齢が
30歳代~40歳代ですので検査しないと
分かりませんがどちらにしても腰痛を
悪化させてしまったケースです。
余計の苦しい思いをすることになってしまいます
ので、腰痛だからと軽視しない方がいい
常々、そう思っています。

  
⑤ 激痛を伴う腰痛には必ず検査を。
これまでに急性腰痛=ギックリ腰として多く
対応させて頂いていますが
時に激痛を伴う腰痛に遭遇するケースがあります。
一般的な急性腰痛とは明らかに異なる状態
これはプロとしてこれまで
多くの腰痛の方を見て来た中で分かることでも
あるので、腰痛のあなたが
判断するのも難しいと思います。
腰痛として痛みを出す重篤なケースは多くあります。
レアケースと言える経験ですが、数少ない症例の中でも
多いのが腎臓系のトラブルで、過去にはこちらから
救急外来に連絡をして行っていただいたケースや
強く泌尿器科で検査するようにお伝えしたケース。
後から連絡を頂き本当に良かったと記憶しています。
海外渡航歴があり国内ではかからない感染症
そんなケースを何度か経験させていただきました。
急性腰痛=ギックリ腰は腰周辺の筋肉を包む膜に
炎症が起きて筋肉の動きに連動して痛みを発生させます。
痛みが出ないように横に安静にしていれば
痛みがでることはほぼありません。
安静にしていても腰に激痛が出ている状態は
単なる腰痛ではないことを覚えておいて下さい。

腰ベルト
※ 補足
腰痛ベルトは腰を固定できるベルトではない。
腰痛経験者には身近な存在として
1度は使用したことのあるであろう腰のベルト
腰痛ベルトや腰部・腰椎コルセット。
特にベルトで腰を固定とはいいますが
ベルトをする意味は骨盤の固定と腹圧を高めることで
腰を支えているものです。
腰は背中にある腰周辺の筋肉と腹筋とその腹筋から
腹部の内圧を高めることで支えられています。
ベルトで固定すると腹圧が高まることで
腰を安定させ、腰痛を発生させている筋肉を
一時的に安静にする効果があります。
慢性的に腰痛を抱え、腰のベルトを愛用することに
なると腹筋がその機能をサボることになりますから
腹筋の筋力が落ちていく結果となります。
腰痛ベルトはあくまで一時的な固定器具であり
常用して腰痛が避けられるものではありません。

コラム執筆・監修者

08_IMG_9694

株式会社カラダ・リバランス
バランス・ラボ整骨院
代表取締役  新藤 公一

厚生労働大臣認定 柔道整復師
公益社団法人 東京都柔道整復師会 会員
公益社団法人 日本柔道整復師会 会員

経歴:
中野区内整骨院勤務 10年
杉並区内整骨院 分院長勤務 20年
2017年11月に杉並区阿佐谷南に
バランス・ラボ整骨院
バランス・ラボ整体院を開院

「バランス・ラボ整骨院」杉並区南阿佐ヶ谷で医師・専門家が絶賛! PAGETOP