杉並区の整体なら「バランス・ラボ整骨院」身体の痛み・しびれを根本改善

杉並区阿佐ヶ谷_脊柱管狭窄症

杉並区阿佐ヶ谷で整体をメインに行っている
バランス・ラボ整骨院、代表の新藤公一です。

「もう歳だから腰が痛いのは仕方がない」
「長年、腰痛を持病として付き合っていく」

長年、出たり消えたりする腰痛を抱え
気がつくと腰痛からお尻や足のシビレに変化してきた…。
お尻の奥が常に疼いて、叩きたくなる。
長距離歩くと腰や足が痛く苦しくなってしまう。
心配になり、病院や整形外科で診察・検査を受け
脊柱管狭窄症だと言われる。
年齢的な変化だから仕方ないですよ?
と言われてしまっている。

近年、MRIでの画像診断技術が発展して
はっきりと見えるようになりました。
この名前の通りで、背骨の脊柱管と呼ばれる管
その管が狭くなってしまっている。
年齢的な変化だといわれれば…
誰しもが納得行く答えになってしまいます。
この脊柱管という管、その狭くなっている状態を
拡げる為には人為的な方法以外に手段は
残念ながらありません。
要するに脊柱管を拡げる外科的な手術が
必要になってきます。
背骨の変化・変性・石灰沈着など
多くの原因である可能性がありますし
原因は1つではありません。

脊柱管狭窄症で手術をする。
脊柱管を拡げるようになれば、抱える症状が解決できる。
可能性は残念ながら100%ではないことを多くの患者さん
をこれまで対応してきて肌感覚で感じられる部分です。

腰を手術する?って怖いですよね…。
自分でするか?と言われたら
できたら避けたい。
手術すると判断しても、100%今の症状が良く
なる保証はありません…
と言われることがほとんどです。
手術に可能性に賭けてみる?
これはご本人の判断になると思います。
手術するしないの相談を受けると
必ず答えるのは
「手術するのは最後の最後でどうでしょうか?」
そう答えています。
もうどうしようもない…と判断した場合に
手術する判断をする。
それでいいのではないでしょうか?
いつもそう答えています。
ひとごとのように答えたくないと思ってますし
自分自身に起きたら?という判断で
担当する方にはアドバイスしています。

病院では手術と言われてしまいます。
脊柱管狭窄症に悩むご本人にとっては
一大事ですので、すごく悩まれると思います。
その気持ちを何より大切に考え
脊柱管狭窄症のつらい症状だけでも
軽減もしくは改善できれば
脊柱管狭窄症に悩まれる方の希望に沿う
お手伝いができると真剣に考えています。
以前、こちらで対応させて頂いた方で
お尻を叩きながら来院されていて
「痛いんだよなぁ〜」
っておっしゃられてた男性の方
今では全国あちこちを旅行で
飛び回っていると
その方をご紹介頂いた方から
お話を伺い嬉しくなりました。
この方も、多くのことで改善したいと
あれこれ試されていました。
一時は手術もその候補に上がっていた
と聞いていました。

生死を左右するような命に関わる
緊急事態であれば一瞬の判断が重要に
なってきます。
腰や股関節、膝などの手術をする場合には
手術が必要と言われてから判断するまで
猶予があります。
手術以外の選択肢をすべて試してからでも
手遅れではない。
長年、この仕事に携わる中で思うところです。

過去にこんなケースがありました。
活動的で仕事をするのが大好き
そんなご高齢の女性から
脊柱管狭窄症で手術するか?
しないか?の相談を受けた際にも
同じ答えをしました。
手術すればつらい症状が早くに
改善する可能性があります。
手術をしない選択をすると
症状を改善するまで
には時間を要します。
この方の場合、手術する選択をしました。
見事に症状は改善されましたが
残念なことに腰が以前より曲がってしまって
その方の年齢以上に見えるほどになってしまった…
脊柱管狭窄症の症状は改善されました。
ご本人が求める早い改善も得られました。
その弊害とも言える、容姿に変化が出てしまった。
入院期間中は横になっていますし
年齢的に筋力の衰える速度も早い。
どっちがよかったのか?
未だに自問自答していますが
答えはご本人が出すものです。
脅かすつもりはありませんが、これは事実です。
そんな経験をしております。

脊柱管狭窄症の自覚症状は
坐骨神経痛と一般的に呼ばれる痛み
それ以上に痛みとシビレがでて
動きたいと思う人の気持ちを失わせて
しまうほど、辛い症状だと理解しています。
偶然、MRI検査で脊柱管狭窄が見えてくることも
あります。その脊柱管狭窄があるにも関わらず
腰痛や足の痛み、シビレが出てない方も
いらっしゃいます。
どうしても、この狭くなっている脊柱管を
ちゃんとした状態に戻したいとお考えであれば
手術することを止めたりはしませんが…
腰痛からの足のシビレや痛みを改善することで
日常生活を問題なく過ごせる。
要するに自覚症状さえ改善すれば
問題ないと考える方には、手術以外の選択肢
をオススメするようにしてます。
脊柱管狭窄そのものは存在しても
痛み、シビレが改善すれば
辛さからは開放されますので
結果的に良しと判断できないでしょうか。

腰椎椎間板ヘルニアでも、脊柱管狭窄症でも
オペ適用症例です。
突発性腰椎椎間板ヘルニアで下半身の力が
全く入らなく歩けない、動けない状態で
救急搬送されたケースも過去にはありました。
重篤な症例では、手術を避けることができない
ケースは存在します。
手術そのものを否定する訳ではなく
選択の問題で悩みを抱えるご本人の望みに
沿った上でアドバイスを常にしています。
正確な情報を的確に伝える、その情報を伝え
ご自身で判断していただくのがベストだと
自分では思っています。

診断で脊柱管狭窄症と言われても
落ち込まないで大丈夫です。
同世代の方がMRI検査を受ければ
多くの方の画像には、脊柱管狭窄が認め
られると思います。
症状は出ているか?
出ていないか?
その差だけで大きく違ってきます。

出典:NHK健康チャンネル

コラム執筆・監修者

08_IMG_9694

株式会社カラダ・リバランス
バランス・ラボ整骨院
代表取締役  新藤 公一

厚生労働大臣認定 柔道整復師
公益社団法人 東京都柔道整復師会 会員
公益社団法人 日本柔道整復師会 会員

経歴:
中野区内整骨院勤務 10年
杉並区内整骨院 分院長勤務 20年
2017年11月に杉並区阿佐谷南に
バランス・ラボ整骨院
バランス・ラボ整体院を開院

「バランス・ラボ整骨院」杉並区南阿佐ヶ谷で医師・専門家が絶賛! PAGETOP